こぐまに会えるしあわせ

b0006537_21252498.jpg
札幌円山動物園のホッキョクグマ・ララが昨年12月に8頭目のこぐまを出産しました。そのこぐまが4月1日から一般公開され、毎日円山動物園は黄色い歓声に包まれているのですよ。
もう、こんなくりくりな目で見られたら、たまらないですって♪

b0006537_21254372.jpg
まだまだ甘えたい盛りなので、ララおかあさんにべったりです。

ホッキョクグマの子供はお昼寝している時間も長いので、こうやって動いているところを絶対に見たい場合には、行く時間を選ぶことが重要!
まずは朝。今の時点ではホッキョクグマ親子は10:00〜15:00までの公開なので、公開スタートの10時をめがけて円山動物園の世界の熊館へ。動物園自体は9時に開園するので、開園時間に入って、ゆっくり世界の熊館に向かうのがちょうどいいかな(一番門から遠い場所にあるので)。

朝はちょっと・・・という方は今なら14時過ぎがおすすめ。15時に寝室に帰るので、大体14時〜14時半の間にお昼寝から起きます。もし起きなくても、15時には必ず起きてぽてぽて動いてくれるので、その時間をめがけて行ってみて下さいね。

でも、寝てる姿もかわいいんだな・・・。突然顔が見えたりするので、それを待つのも楽しい(*^_^*)あっという間にこぐまの前では時間が過ぎていきます。
かわいすぎてシャッター押しすぎて、カメラのメモリーカードが足りなくなるとかよくあることで・・・(笑)(今日も近くにいた女の子が「あぁ、カメラもスマホも容量足りなくなった・・・」って嘆いてた・・・)メモリーカードとバッテリーは行く前にチェック必須です♪

ホッキョクグマの子供をこうやって近くで見られることは奇跡に近くて、札幌円山動物園にいるララとデナリのカップルは相性が良いので今まで8頭の子供が生まれているけれど、2頭が8頭の子供を産み育てている間に他の日本国内の動物園で産まれたホッキョクグマの子供はたったの3頭。今は円山動物園と大阪・天王寺動物園でホッキョクグマのこぐまが見られますので、お近くの方はぜひこの奇跡の結晶を見に行って下さいね。


[PR]
# by kykpooh | 2015-04-13 21:40 | Zoo

昨日の麻婆豆腐のレシピ覚書

b0006537_13534445.jpg
昨日作った麻婆豆腐が美味しそうに出来たので、レシピ覚え書き。

<材料>
・豚ひき肉 200グラム
・絹ごし豆腐 一丁
・ニラ 1束
・生姜 1かけ
・片栗粉 大さじ1
<合わせ調味料>
・醤油 大さじ2
・みりん 大さじ1
・酒 大さじ1
・甜麺醤 大さじ1
・豆板醤 小さじ1
・豆鼓醤 小さじ1
・水 1/2カップ
(先に合わせておく)

<作り方>
1.豆腐を好きな大きさに切ってから水切りを。ニラは3センチほどに。生姜はみじん切り。
2.小さじ1のサラダ油を熱して、先に生姜を炒めて香りを出してから豚ひき肉を炒める。ひき肉の色が変わったら合わせ調味料投入。
4.調味料が煮立ったら、豆腐とニラを入れてひと煮立ち(豆腐があたたまるまで)。
5.最後に水溶き片栗粉を入れてとろみをつけたら完成。仕上げに胡麻油をちょっとかけるといい香り。

辛いのが好きな人は豆板醤を増やしてもOKだし、後からラー油を付け足してもOK。ちょっと味は濃い目ですよん。

[PR]
# by kykpooh | 2015-03-05 13:58 | Cooking

なんだか聞こえが悪いぞ・・・と思ったら(耳は大切に♪)

ぼちぼちとFBなどでは書いていましたが、節分の日に耳鼻科に行ったら

「急性低音障害型難聴」

という病名を告げられました。なんだか耳がふさがってる感じがするなーと思っていたら、右耳だけ低音部分が聞こえづらい状態(波形で言うと左側の部分が突然半分以下になってる状態)になっていました。

1週間後に検査をしたら、聴力は復活していて、1ヶ月後の今日再度検査をしたところ完全復活で薬からも解放されました♪

ただ、聴力が下がっていたときも聞こえの問題だけで、音は聞こえるし話せるし、体は普通に元気なので、普通に生活も仕事も出来て、でも1日3度の薬を飲まなきゃいけない分、しっかりご飯を食べて逆に太ったり(笑)低音が聞こえづらいので、男性の方とお話するときに声質によってはちょっと音が抜けて聞こえてしまうので、もしかしたら聞き返すことが多くなってたかもしれません。

原因もわからないけれど、こういうこともありますよ〜という参考までに記録していきます。

<はじまり>
私は耳や鼻がすごく弱いとかそういうわけではないのですが、7年くらい前に4日間で札幌→東京→札幌→名古屋→札幌と飛行機移動を続けたら、飛行機の離着陸の気圧変化で耳がふさがった状態が治らなくなり、んー、どうしたんだろう?と思って耳鼻科に行ったら「耳管狭窄症」という診断が(耳と鼻をつなぐ「耳管」が狭くなる、もしくはふさがって空気が通らなくなる状態)。変な共鳴音が耳の中で鳴るので、それが不協和音になったりして3日間くらい物凄く気分が悪かった記憶があります。薬を飲んでいたら、知らないうちに治っていましたが。

その後もう1回同じ耳管狭窄症をやっているので、今回も耳が塞がる感じがし始めてから「きっと同じだわ〜」と思って放置していたのですが・・・。4日くらい経って、朝車を運転し始めたら何か違和感が。いつも聞こえてるはずの音(エンジン音なのか振動音なのかはわからないけれど)が聞こえていない。あらら、何かしら・・・?と思いながら現場について撮影を始めたら、今度は共鳴がひどくなって不協和音の嵐。そして会話してる人の声がときたま聞こえづらい(今思うと男性でした)。

<耳鼻科に行く>
耳管狭窄症のときに行っていた耳鼻科に駆け込んで、聴力検査と耳管の検査をしたところ・・・右耳の低音部が半分しか聞こえていないことが判明して、「急性低音障害型難聴」との診断(右の耳管も狭くなっていたので、耳管狭窄症も)。良くなってきている途中ではなくて、悪化してきたところで駆け込んだので、ステロイド(プレドニン)の服用が必須になってしまいました。あとはイソバイドというまずいシロップ。「もう若くないから、治るまでに時間かかると思うよ〜」と言われ、更に「細かい仕事はしないほうがいいね〜」とまで言われる始末・・・。細かいことしないと仕事にならないんですが^^; ちなみに聴力検査は健康診断のときによくやる感じの検査の10倍くらいの音数で(笑)雑音の中からその音が鳴っているのを探してボタンを押す検査の、その雑音がそのときの私の耳には辛かった^^;

そして、薬局で言われた「運転は大丈夫だけど、お酒はダメですね〜」が今回一番のダメージ(爆)

<さて、どうする?>
薬を飲み始めたところで即効性が無いこともわかっていましたが、まぁ何も変わらないのですよ(笑)それで、ネットでいろいろと検索してみて、耳はとにかくリンパに関わるものだから、肩・首のこりをほぐすこと(マッサージ、鍼灸などなど・・・)、耳・肩・首に関する手足のつぼを押すことなど、自分で出来そうなことは気づいたときと寝る前に。

耳鼻科に行って、薬を飲み始めてから4日後、朝起きると猛烈に体が軽くて、音がクリアに聞こえてきて。うわ、治ってきたかも!と思った瞬間はありましたが、その日の夜からまた右耳の中がうわんうわんと鳴り始めて、また再び音の聞こえが良くない状態に・・・。

でも撮影もしてたし、パソコンでデータ作成もばりばりしてたし、人とも会ってたし、ライブも見に行っていたし(笑)普通に生活するのみ。耳の調子が悪い時は、部屋や車の中でテレビ・ラジオ等音が出るものは一切シャットダウンしていたくらいかな?

7日目の朝、また音がクリアに聞こえてきて、ちょうど病院での診察予定日だったので、聴力検査をしたところ、低音障害が出ていた右耳の聴力は完全復活!ただ、前日まで耳鳴りばりばりだったから、波があって徐々に治ってくるのかな・・・。

<困ったこと>
b0006537_15120343.jpg
これですよ。飲みづらいと噂の「イソバイドシロップ」。
同量の炭酸に混ぜて飲むといいよーとか、冷やして飲むといいよーとか、薬剤師さんから情報をもらってましたが。市販の咳止めシロップを飲めるなら多分大丈夫(笑)炭酸に混ぜるとかなり飲みやすいです。冷やすのも有効。最初甘くて、飲んだ後苦味が残る感じ。ただ、家で飲むならいいけど、どうしても外出してるときに飲まなきゃいけないときが面倒くさい^^; 袋のまま一口で飲み切るのも大変だし、かといってこれを飲むための器を用意するのも大変だし、飲んだ後のゴミの処理もなかなか・・・。1週間分になると、こうやって箱に入れて渡されちゃうくらいなので存在感も半端ないし。

あとは耳鳴り、共鳴。とにかく全ての音が耳の中で猛烈に反響するので、自分が話す音もなんだかすごい大音量になるし、外からの音は更に変な音がかぶさって聞こえてくるし。医者からひどいときは耳栓をするといいよ〜と言われていたので、難聴と診断されていた右耳にはたまに耳栓していましたが、自分が話しちゃうとダメなので(笑)一人で家にいるときとかは有効かな。
共鳴音が倍音だといいけれど、音程がずれてることも多いので、音楽を聞くと不協和音でしばらく辛かったなぁ。

ちなみに低音だけ聴こえない状態の右耳だけで音を聞くと、トランシーバーとか古いラジカセとかから流れてくるようなスカスカな機械音に聞こえます。まぁそれはそれで面白かったけど(笑)

<耳って大切>
結局耳鼻科に最初に行ってから1週間で聴力は回復して、そこからステロイドを減薬して(決まったときに薬を飲まなきゃいけないのが、不規則生活をしている人間にはキツイ)、イソバイドシロップをステロイドの最終日まで飲み続け、あとは最初から飲んでいた漢方薬を今日まで飲んで、途中の検査でも聴力が一度も落ちおなかったので通院・服薬全て終了となりました。なんと、耳の日に終了(笑)
b0006537_12533923.jpg
今回完治したから言えることは・・・早いうちに病院に行っておいて良かった。たまたま前に同僚で突発性難聴と診断された人がいて
「病院に行ったら、『すぐにきてくれて良かった。放置しておくと治らなくなるから』って言われた」
と言っていたのを覚えていて、なんか聴こえがおかしいなぁ・・・というときは耳鼻科に行くようにしていたけれど、まさか本当に自分が難聴と診断される日が来るとは思っていなかったし。右耳が難聴だったけど、最初に病院に行った時に私自身は左耳の調子が悪いと思っていたぐらいだし(医者に言わせると、よくあることらしい)。でも右耳の低音が聴こえないっていうのがわかっただけで随分気持ちは楽になったかな。

突然なるものだし、私の今回の原因もわかっていないから予防方法も何もわからないけれど、聴こえがなんかいつもと違うなぁ・・・と思った時にはすぐに耳鼻科へ。あの聴こえない状態はホントに全ての音が雑音になって、楽しくないから。

[PR]
# by kykpooh | 2015-03-03 13:22 | つれづれ

きれいだけど、苦手なもの

b0006537_16564257.jpg
写真を撮るときに、水に反射する光を撮りたかったり、同じ形は二度と起こらない波や波紋を撮りたかったり・・・ということはよくあるのですが、実は水が苦手です(笑)
この写真を撮りながら、心臓が飛び出そうになってました^^;

でもね、写真を見てる分にはきれいで、心おだやかになれたりする・・・という相反することが起きるわけで・・・。写真だと水が近くに寄ってこないことをよく体がわかっているのですね(笑)

そして、意外と写真を撮りたいなぁと思うと、知らないうちに水辺で撮ってたりするのも不思議・・・。嫌い嫌いも好きのうちってやつ・・・?


このムービー、昨年私が撮った写真だけで作られているのですが、水辺が意外と・・・ね(笑)
もしやもうそろそろこの水嫌い、克服できるんじゃない?と思ったり。さあ、どうなるのかしら。楽しみだな〜♪♪

[PR]
# by kykpooh | 2015-01-21 17:06 | つれづれ

一緒に生きてきた、大切にしなきゃいけないもの

b0006537_19481898.jpg
最近はすっかりスケジュールが合わなくて足を運べていませんが、カメラマンを職業にする前は私の生活の中心は仕事でも家庭でもなく、間違いなくアイスホッケーでした。アイスホッケーを見るために自分の生活を合わせて行っていた感じ。ちなみに大学もアイスホッケーが一番強いからという理由で選んだくらい(笑)

カメラマンになってから仕事が土日中心になって、アイスホッケーにスケジュールを合わせるのが難しくなったので、ここ2年くらいはサマーカップとインカレだけかろうじて観に行っている状況。

でも、もう25年くらいずーっとアイスホッケー見てるんですよね。私が一眼レフカメラを持つきっかけになったのもアイスホッケーだし、写真を撮る楽しさや、写真を撮るとその先に喜んでくれる人がいるっていうことを教えてくれたのはアイスホッケー。Webを作れるようになったのもアイスホッケーのおかげだし、何かを発信する楽しさを教えてくれたのもアイスホッケー。

そんな私をホッケーの世界にちょっとだけ連れ戻すべく、ホッケー撮影のご依頼を頂いたので、今日は勘を取り戻すべく軽く撮影の練習をしつつ、自分の動きの脳内シミュレーションをしてました。1試合をきっちり写真で記録に残すためにどうするか。私にカメラを与えてくれたアイスホッケーに感謝をするべく、目の前で起きる貴重な一瞬を大切に撮ってきたいと思います。

[PR]
# by kykpooh | 2014-12-23 20:14 | Hockey

旅先のひとりご飯

b0006537_21223136.jpg
かなりの確率で一人で旅に出ることが多い私の唯一の悩みが旅先でのご飯。一人で外食をすることには全く抵抗はないけれど、一人では入れないお店もあるし、入りづらいお店もあるから、ご当地メニューでどうしても諦めざるをえないものが出てくる。

博多のような美味しいものが満載の街で、もちろん食べたいものは数限りなくあるけれど、一人だから消えるメニューがまずモツ鍋。ランチならもしかしたら食べられるかもしれないけれど、さすがに夜一人でモツ鍋をつつけるお店は少ない。前回博多に来た時、やっぱりどうしてもモツ鍋が食べたかったので、博多在住の大学の某後輩アイスホッケー選手を呼び出してモツ鍋とお酒をがっつり堪能させてもらったので、今回はとりあえず諦めがつきました(笑)

今回は・・・ごぼ天うどんを食べに行こうかな〜と思っていたのですが、日曜の夜だったこともあって、定休日のお店も多く。適当に博多駅の中で探して入ろう〜と思ってふらふらしていたら・・・
博多めん街道」なんて場所があるんですね〜♪札幌で言う、札幌ら〜めん共和国みたいなものですね。観光客的にはやっぱりこういう場所、便利だ!麺類のお店だとカウンターもあるから一人でも入りやすい。

めん街道なので、うどんが食べられる場所ももちろんあったのですが、とんこつラーメンの香りが漂う場所だとラーメン気分が高まってしまい(笑)適度に混んでいた「博多一幸舎」 さんへ。ネギラーメンをオーダー。普段あんまりラーメンを食べないので(札幌にいるととんこつラーメンは特に食べないなぁ)、比べることは出来ないけれど、美味しかったですよ(*^_^*)多分そんなに普段食べてないのに美味しかったから、そんなにクセも強くないとんこつラーメンだったんじゃないかな?でも、一番驚いたのは、博多ラーメンなのにテーブルの上にあった生姜が「紅しょうが」じゃなかったこと!!!紅しょうがじゃなくて、生姜の甘酢漬けだった〜。確かに食紅で色をつける必要は無いよね♪写真を撮った後、たっぷり乗せて食べました。

どうやらお土産用のラーメンもあるらしい・・・。生姜と高菜がついてたら通販してもいいんだけどなぁ(笑)

[PR]
# by kykpooh | 2014-12-17 21:43 | Food

自分の立っている場所

b0006537_23303298.jpg
学生時代の私にとっての東京駅は、とにかく物珍しい場所で、よく迷う場所だった。この駅舎から出ると皇居につながる大きな道があって、あぁ皇居って本当に東京の中心にあるんだなぁと思ったり。

社会人になってからの東京駅は、仕事のために行く場所。キラキラしてていいなぁと思うことはあったけれど、あんまり好きな場所ではなかった気がする。

そして、今、カメラマンになって、Canon EOS 5D Mark3EF 8-15mm F4.0 Fisheyeを相棒に初めて東京駅に行ってみたら、こういう写真を撮っていました。

同じ場所に立っていても、自分がしていることも、考えていることも全く違う。

自分がどこに立っていても、どういう立場でも、キラキラとした何かを見つけられる目と心を常に持っていたいな。


[PR]
# by kykpooh | 2014-12-14 23:42 | つれづれ

いつから?

b0006537_14022266.jpg
札幌の大通公園ではホワイトイルミネーション開催中。

ミュンヘンクリスマス市も開催中。

ん、いつの間に氷点下の中でホットワイン飲みながら、ソーセージやらプレッツェルやらを食べるイベントになったの??(笑)(もれなく楽しんできたひと)

イルミネーションはいつから青い川と鶴がメインになったの??

と思いつつも、なんとなく札幌の冬を受け止めた気持ちになって帰ってきました。

イルミネーションより月の方がはるかに美しい…。

[PR]
# by kykpooh | 2014-12-06 14:01 | つれづれ

懐かしのバイブル

b0006537_11364009.jpg
探しものをしていたら、ふと懐かしい本が2冊出てきた。

渡辺みなみさんのアメリカンケーキレシピとエッセイが載っているもの。

私が高校時代、まるでバイブルのように日々読み、学校から帰ってくる途中に材料を集め、自宅のオーブンでケーキを焼いていた証の2冊。

当時はピーカンナッツがなかなか手に入らなかったり、生クリームも指定のものが無かったりと、レシピ通りにものを揃えることが大変だったなぁとか、シュトーレンを焼いて次の日のお弁当代わりに持っていったなぁとか、パイナップルアップサイドダウンケーキをよく友達にプレゼントしてたなぁとか。この本だけでいろんなことが蘇ってきます。高校時代の我が家の小麦粉、卵、砂糖の消費量は凄かったはず(笑)

私がとにかくニューヨークに憧れたのはこの本も影響してたのかなと、今読むと思ったり。ちゃんと載っているケーキ屋さんや食材屋さんにいくつか足を運んでることもその証拠。

今では何年かに一度くらいしかケーキを焼くことは無いけれど、美味しいケーキがあるところにふらふらと吸い寄せられていくのは変わらず。

たまにブラウニーでも焼こうかしらね♪

私が見つけた2冊は・・・

[PR]
# by kykpooh | 2014-12-04 11:35 | Sweets

心地よい空間

b0006537_20390146.jpg
素敵な演奏はもちろんなこと、程よい音量でほんわかとした空気感のある場所。

こういう場所を作り上げられるミュージシャンが近くにいる幸せ。

音楽のジャンルとかではなくて、心落ち着く場所を作り上げられるってすごいことだと思う。

門馬瑠依、蛇池雅人、本間洋佑、長沼タツルの4人に今夜は感謝。

[PR]
# by kykpooh | 2014-11-26 20:46 | Music


札幌在住のフォトグラファー山下恭子が日々カメラを片手に、アイスホッケー、動物園、美味しい物を中心に。


by Kyoko Yamashita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
Hockey
Baseball
Sports
a-bra:z etc
Travel
Cooking
つれづれ
Work
Sweets
Book
Zoo
Food
Music
Nail
Picture
JRtowerT38
たち
未分類

Profile

山下恭子
(Kyoko Yamashita)
結婚式、アイスホッケー、ライブ、動物、ポートレートなどを撮っている札幌在住のフリーランスフォトグラファーです。

お仕事のご依頼等がありましたら
kykpooh@gmail.comまでお願い致します。
(@は小文字に変えて下さい)


釧路
旅行口コミ情報

外部リンク

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

Twitter

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
カメラ

画像一覧