カテゴリ:Book( 9 )

本屋で紅茶購入♪

b0006537_027292.jpgたまたま大通のジュンク堂書店を通りかかったら、平積みにされていたのが
Tea Party ~お茶にしましょ~ January 1 第2号
ルピシアが先月から発行している、お茶缶付きの雑誌。20g入のミニ缶が2種類入って980円。「生姜な紅茶」が気になって買っちゃいましたわ〜。

ついに雑誌の付録も飲食物が仲間入りしてきましたね〜。本よりもそれ以外のものを買うために本屋に行くようになってきちゃうなぁ。
[PR]
by kykpooh | 2010-12-31 00:27 | Book

Yonda?

b0006537_23362916.jpgYonda?エコバックが届いた♪意外と小さいかも。

このエコバックをもらうきっかけになった本は梨木香歩の「西の魔女が死んだ」。結構前に買ってあったのですが、実はちょうど昨日読んだところでした。それもカバーがかかっている本が何冊か積んである中から適当に選んで読んだのがこの本。内容も何もほとんど知らずに読み始めて思ったのは・・・お盆できっとおばあちゃんが私の近くに帰ってきてたんだなぁと。それできっと思い出させるために読ませたのかなと。
小さな頃おばあちゃんの家で過ごした夏休みの数日とか、週末とかのちょっと色彩がグレーがかっていて、居場所がありそうで無くて、でもなんだか日常を離れているっていう感じが心地よくて。私の旅好きはきっとあのおばあちゃんの家から始まったのかなぁと思ったり。
[PR]
by kykpooh | 2008-08-15 23:36 | Book

ブタフィーヌさん4

b0006537_2252120.jpgb0006537_2252126.jpg
たかしま先生サイン入りの「ブタフィーヌさん4」が届きました♪
ブタフィーちゃん、かわいい~。
[PR]
by kykpooh | 2008-06-01 22:05 | Book

まんぷく?

b0006537_20494831.jpgふらふらっとうちの近所のローソンに入ったら、こんな雑誌を発見。ちなみに私の目に入ったのはタイトルの文字ではなくて右上に小さく書いてある「Chai」の4文字。これだけで「なんで帯広のフリーペーパーの名前がここにあるんだ・・・?」と気づいちゃって、帯広に通いつめてる自分に気づく私(苦笑)いつもホテルのフロントにこのフリーペーパーが置いてあるんだもん(ついでに言えば、元々ははなしゃんと帯広に行ったときに見つけて、はなしゃんの家の猫ちゃんの名前がChaiなので覚えてたんですよね~)。
ちなみにこの「まんぷく十勝」(十勝毎日新聞社)は私に更に十勝に行って満腹になろう!というある意味小悪魔な本(笑)次いついけるか決まってないのにこんな本が手元に来ちゃっていいんだろうか・・・。十勝情報満載です。一度読んだら、このままうちのヴィッツ君に積み込みます♪
[PR]
by kykpooh | 2007-08-08 20:49 | Book

カピバラさん2

b0006537_19132965.jpg「カピバラさん2」を今日たまたま本屋で発見。和みますなぁ。うちの中も最近カピバラさんグッズが増えてきました(笑)
[PR]
by kykpooh | 2007-02-02 19:13 | Book

最近読んだ本

「東京タワー」リリーフランキー

あまりにもずっと評判のいい状態が続いているので、読んでみました。


号泣(笑)


最初途中まで読んで放置していたのですが、中盤過ぎたあたりから夜眠れない日に読み始めたら、止められないわ、号泣するわで大変でした(笑)30歳を過ぎてから私も自分の家族(旦那のことも、両親のことも)についていろいろと考えることは多いのですけれど、背筋が伸びたというか、なんというか。背伸びをする必要は無いけれど、自分が出来ることはそのときに精一杯のことはしなきゃなぁと改めて心に誓いましたねぇ。


「みんなジャイアンツを愛していた」海老沢泰久

旦那がBOOKOFFで見つけて買ってきた1冊。アンチ巨人な私ですが、野球の読み物は好きなので通勤時間にここ数日読んでました。ちょうど広岡達郎氏がヤクルト・西武で監督をやっていた頃の話もかかれていた本なのですが、私が野球について断片的にしか情報を得られていなかった時代のことなので、その断片的な情報が「誤解」に満ち溢れていたことにびっくり。「広岡達郎=管理野球=選手に玄米食を強制した」とかそういう情報しか私には無かったですから。今でこそ選手側からキャンプ中の食事に玄米を入れてくれとお願いするような時代になっていますけれど、当時(今から20年前)からきちんと正しい知識で怪我を予防する方向性を打ち出していたり、決してそれを選手に強制していたわけではないことまでは知りませんでしたからね~。アンチ巨人的にも面白い1冊でございました。
[PR]
by kykpooh | 2006-06-14 20:11 | Book

バッテリー1~6

ぽちさんから勧められて、そして借りて読んでみました「バッテリー」。ホントにぐいぐいと読めちゃって、6冊を約2日で読んでしまいました(それもサマーカップ期間中だ・・・)。大学生のアイスホッケーを見ている最中に読んでいたので、またちょっと違うことも考えていたりしたのですが、とにかくおもしろかったです。

描写が細かいところは、まるで1話で1イニングの半分も進まない「ドカベン」のよう(笑)アニメをそのまま文章で表現するときっとあんな感じになるのかなぁとも思いましたが。たまに説明がまどろっこしく感じてしまったりとか。欲を言えば、あのストーリーを上・中・下の3冊で終るような感じの長さだと良かったかも。まどろっこしいのが苦手な人は「1」だけ読むことをおススメします(「1」で最初は完結しようとしていたみたいなので、きっちり物語が切れています)。でもさくさく読めちゃうので、6冊全部用意してがっつり読むのも楽しかったです。

私個人的にはあの中で突然羊が隠れキャラのようにちょこちょこ出てくるのがお気に入りです(笑)
[PR]
by kykpooh | 2005-09-13 02:28 | Book

再びばとん

先日Musical Batonが回ってきましたが、今回はBook Batonりこさんから回ってきました。

1. 持っている本の冊数
文庫本・単行本の形をとっているものは多分70冊~100冊くらい。雑誌やら写真集やら漫画やらを含むととんでもない量(笑)

2. 今読みかけの本 or 読もうと思っている本
・「Feti Feti」藤井フミヤ
今日お掃除中にふと目に入って読み始めちゃいました。2001年頃に発行された本だったかな。多分買ったときに読んで以来だと思います。チェッカーズ解散前後のことがインタビューで語られているんですよね~。

・「アムリタ」吉本ばなな
専業主婦生活に戻ったら読もうと思って買っておいた本。こないだ実家で「キッチン」と「TSUGUMI」を見つけて読んでみたら、「あぁやっぱり吉本ばななの書く文章が好きだぁ」と実感したので、今まで読んでいなかった本を見つけたら手を着けていこうと思っています。

3. 最後に買った本(既読、未読問わず)
・「アムリタ」上・下 吉本ばなな
・「菜の花物語」 椎名誠
先々週の土曜日にたまたまBOOKOFFの前を通りかかったので、そのときに買ってきました。古本屋に行ったら絶対に椎名誠の本は1冊くらい買ってる気がします。で、読み終わったら絶対に売っちゃうんだけど(笑)たまに読んだことのあるやつを買っちゃったりするし。

4. 特別な思い入れのある本、心に残っている本5冊(まで)
・「ママアイラブユー」 ウィリアム・サローヤン
中学時代かなぁ、この本を初めて読んだのは。岸田今日子の訳がすごくかわいくて、かわいくて。ハッピーエンドでほろりと来るんですよね~。ニューヨークが舞台になっているので、この本片手にニューヨークの街を歩いて、出てくる場所をかたっぱしから行った事もあります。ちなみに卒論のテーマもこれ(笑)「パパユアクレイジー」もセットにしてプレゼントにしたりもします。

・「12番目の天使」 オグ・マンディーノ
これも泣けるんですけれどね。泣ける上に野球小説だっていうところがポイントで。私が読んだ中で一番の野球小説だと思います。これもプレゼントに使います。

・「サギサワ@オフィスめめ」 鷺沢萠
羽田空港で飛行機のお供として買ったのがきっかけで、彼女のサイトを日々見るようになり、彼女の小説を読むようになり・・・、そして彼女の自殺のニュースがテレビから流れてきて。彼女の文章は大好きなんだけれども、亡くなってからはほとんど手に取らなくなりました。彼女は生きているからこそ、文章が生きてきていた気がして・・・。

「Say Hallo! あのこによろしく。」
ほのぼのしたいときにはこれですねぇ。で、最後にはこれも泣かされちゃうんですが(笑)被写体がいきいきしてる写真っていいですよね。私もそういう写真が撮れる様になりたいです。

残り1冊は・・・今思いつかないので、また思い出したら書きます。

5. 次にまわす人5人まで
うちの旦那ぽちさん(バトン返します~)、たつたけさん(同じくバトン返します~)、ミスカ姐さかなちん
皆様お時間のあるときにでもぜひよろしくお願いします♪

って、実は途中まで書いて、あとは残りリンクを張って〆るだけだ・・・と思った瞬間に、間違ってこれを書いてるブラウザを落としちゃいまして(爆)書くの2度目です。なんか違うことを書いてた気がするんだけどなぁ・・・。
[PR]
by kykpooh | 2005-07-21 23:19 | Book

乱読の日々

この間の日曜日、久しぶりにBOOK OFFに行ったので、目に付いた本をごそごそっと買ってきました。私の場合読んじゃうスピードが速いので、100円コーナーでたくさん買うのが一番いいのですよ(苦笑)図書館を使えばいいんですけれど、冬は歩いていくにはちょっと遠い場所に図書館があるので、交通費をかけて行くぐらいならこうやって買っちゃったほうが安いんですよね。

今日までに読了した本は
「子育てはゴリラの森で」 岡安直比 (小学館)
 コンゴ・ブラザビル動物園で彼女とその子供がゴリラと一緒に過ごした5年間のお話。生き生きとした、スピード感のある描写が楽しくて、ぐいぐいと読んじゃいました。タイトルと表紙のほのぼのした感じを見て買っちゃったんですけれど、それ以上の内容だったかも。今彼女たちがどんなことをしているんだろうと、他の本を探してしまいました。

「みんなの深層・心理」 きたやまおさむ (講談社)
 これは父親の本棚から借りてきたもの。宗教を精神医学的に解説しているのが面白かったし、これから宗教がからんだ事件などを見るときに違う側面から見られるかもと思いました。東京の混雑ぶりはある意味遊園地みたいなもので、人をひきつけるっていうのもうなずけましたね。満員電車に何時間もゆられて・・・というのは遊園地のジェットコースターに乗るために何時間も並ぶのと同じような感覚じゃないかと。それが嫌だったから我が家は北海道に帰ってきたわけで、私が19歳のときに東京に出たのは大きな遊園地に遊びに行っていたようなものだったんですねぇ・・・確かにそうだったかも・・・。

「チャイコフスキーコンクール」 中村紘子 (中央公論社)
 彼女の演奏は何度か生で聴いたことがあるのですが、力強くて素敵なんですよね。最近ピアノを弾き始めた私には、「あぁ、ピアノ弾きたいなぁ」とか「この人の演奏聴いてみたいなぁ」と思える1冊でした。弾く分には全然手の届かない世界ですが(笑)ただ、私にしては読むのにえらい時間がかかったので、時系列とかが結構ぐちゃぐちゃだったり、知らない言葉・名前が多かったり、ちょっと読みづらい本かもしれないですね。2度目に手を出すにはちょっと気合をいれないと無理っぽい・・・
[PR]
by kykpooh | 2005-02-09 23:04 | Book


札幌在住のフォトグラファー山下恭子が日々カメラを片手に、アイスホッケー、動物園、美味しい物を中心に。


by Kyoko Yamashita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
Hockey
Baseball
Sports
a-bra:z etc
Travel
Cooking
つれづれ
Work
Sweets
Book
Zoo
Food
Music
Nail
Picture
JRtowerT38
たち
未分類

Profile

山下恭子
(Kyoko Yamashita)
結婚式、アイスホッケー、ライブ、動物、ポートレートなどを撮っている札幌在住のフリーランスフォトグラファーです。

お仕事のご依頼等がありましたら
kykpooh@gmail.comまでお願い致します。
(@は小文字に変えて下さい)


釧路
旅行口コミ情報

外部リンク

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

Twitter

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
カメラ

画像一覧