<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

引越しが好きな私の引越しTips

b0006537_11515244.jpg
この地中海の青空が恋しい・・・なんて全く思っていない私です(笑)雪がみるみる溶けていく、今の時期の札幌も悪くないですよ〜。

昨日、無印良品の「無印良品週間」(各種会員だと全品10%オフ)へ買い物に行っていたら、4月からの新生活に必要なものたちを買っている人がたくさんいたので、引越し好きな私としてはちょっとわくわくしていました(笑)(4年に一度引越ししないとむずむずしてくる)

私が何度も引越しを繰り返す中で、最終的にこれは外せない!となったものは「すのこベッド」。この上に普通に布団敷いてOK。何がいいかって、マットレスを持たなくていいこと。このベッド自体はフレームとすのこ板だけなので、次に引越しをしたり処分したりするときに小さくなるんですよ。マットレスがあると、マットレスをどう部屋に入れるかとか処分するかとか結構困ったりするのですよね。賃貸生活をする人だったら超オススメ。
一人暮らしだとスチール製の折りたたみベッドを買いたくなるかもしれないけど、私が昔使っていたやつはちょうど寝るときに背中にあたる部分が壊れて抜けてしまって、最後1年くらい寝づらかった記憶が・・・(笑)木製すのこベッドにしてからは今までそういうこと無し♪

部屋の収納はカラーボックスをメインに。あとは本当に必要なものだけを。
この3段のカラーボックスをベッドの頭側に並べて、ちょっとした仕切りというか台代わりにもなったりしています。2段カラーボックスはプリンター台にしてるし、カラーボックス用の引き出しも使って、カメラ小物入れにしてたり。

ちなみに無印良品の収納グッズ類は高いので基本的には買わないで、ホームセンターで買います。布団カバーとか毛布とかリネン類は無印良品多用してます。

ベッドとカラーボックスが揃えば、あとは家電くらいなもので(笑)家電は予算次第だし、部屋のサイズにもよるし。あ、でも迷わず買うのはティファールの電子ケトル・アプレシアかな〜。電子ケトルがあれば、とりあえずあったかいものが飲める幸せ(笑)春って意外と冷えたりするからね。冷え性だから湯たんぽ作るのにも重宝してますよん。

あと、荷物を搬入する日のホントにTips。自分の引越しでも友達の引越し手伝いでも、必ず持っていくのがトイレットペーパー1つとティッシュペーパー1箱(笑)あわあわしてると、結構忘れちゃうからこれは必須♪
[PR]
by kykpooh | 2014-03-25 12:40 | つれづれ

パリでギャラリー巡り

パリの街をカメラを持って歩き倒すプランの中心にあったものは、ギャラリーでした。
行きたいギャラリーを見つけておいて、その周辺を歩き倒して、更にそこで見つけたギャラリーにふらりと入る。写真展メインだけど、パリだから絵画も彫刻も!!

b0006537_1630552.jpg
ジュ・ド・ポーム国立美術館(Galerie nationale du Jeu de Paume)(フランス国立写真センターを吸収したところなので、写真・映像関連の収蔵が多い。コンコルド広場前にあるので立地はすごくいいのに、中は意外と空いてます)

b0006537_1631099.jpg
ヨーロッパ写真美術館(Maison Européenne de la Photographie)(David Lynchの写真展開催中。土曜日の夕方行ったら結構な行列)

b0006537_1631683.jpg
カルティエ財団現代美術館(Fondation Cartier pour l'art contemporain)(今開催されてる写真展「America Latina」、面白い展示だったなぁ)

b0006537_16311192.jpg
アンリ・カルティエ・ブレッソン財団(Fondation Henri Cartier-Bresson)(ブレッソンの写真は最上階に15点くらいだったかな。入口が道路に面して無いので、迷った〜!!)

b0006537_16311714.jpg
パリ市庁舎(L'hotel de Ville)(私が行ったときにはブラッサイ写真展が開催中。これが今回一番ステキな展示だった!その上入場無料なので、月曜の午前中に行って入るまでに1時間半待ち・・・)
→この建物の前でロベルト・ドアノーの有名な「パリ市庁舎前のキス」が撮られたわけですね。

b0006537_16312217.jpg
ポンピドゥー・センター(Centre national d'art et de culture Georges-Pompidou)(アンリ・カルティエ・ブレッソンの特別展開催中。月曜日の夕方行ったらブレッソンの入場だけ45分待ち。常設展とかはすんなり。22時までオープンしてるし、テラスからの夜景もキレイなので、夕方から夜にかけて行くといいかも)

b0006537_16312720.jpg
ギャラリーデュジュールagnes b(galerie du jour agnès b. )(日本でもおなじみのアニエスベーのギャラリー&ブックストアがポンピドゥー・センター近くにあるんです。アニエスベーのロゴやフォントが随所に見えるおしゃれな空間)

b0006537_16313260.jpg
パリ市立図書館ギャラリーGalerie des bibliotheques(Charles lansiauxの写真展開催中。ピカソ美術館を探して歩いているときに、迷ってて遭遇したギャラリーww)

これだけじゃなくて、ふらりと入ったギャラリーはもっとあります。時間の都合も定休日の都合も第一日曜日の都合も(!パリは第一日曜日に入場無料になる美術館が多くて、長蛇の列になる!!)あってルーブルもオルセーもオランジュリーも行け無かったけれど、これだけ見てたらしょうがない・・・(笑)
そして、パリの街を歩いて、その合間に見るアンリ・カルティエ・ブレッソンやブラッサイの昔のパリの写真。風景の変わらなさに驚き、フィルムで切り取られたその一瞬に驚き・・・。フランス語・英語・日本語。言葉のギャップも感じながら、キャプションが無くても伝わる写真って・・・言葉をどう有効活用すれば・・・と考えながらのパリギャラリー巡りでした。
[PR]
by kykpooh | 2014-03-12 17:19 | Picture

4年目への第一歩

b0006537_22475754.jpg
気づけば、あの日から丸三年。
苦しい記憶と共に蘇ってくる、不安な新生活への第一歩の日から丸三年。

b0006537_224817.jpg
自分でもどうなるかわからないまま、スタートしたこの生活ですが、丸三年経ちました。

b0006537_2248653.jpg
そして、その三年の区切りとして、先日10日間、写真を撮るだけのための一人旅に出てきました。

b0006537_22481415.jpg
一人旅は自分で切り開かないと何も出来ない。だけど、たくさんの方のサポートがあって初めて出発して、帰ってくることが出来る。

b0006537_22481938.jpg
一人旅は、とにかくいろいろなものがよく見える。けれど、一人だから答えが見えないこともたくさんある。

b0006537_2248265.jpg
ただひたすら歩き続けていると、神様からの突然のプレゼントを受け取ることもある。

b0006537_22483065.jpg
今ある生命と生活を支えていつも助けて下さっている、私に関わって頂いている皆様に心から感謝。
[PR]
by kykpooh | 2014-03-11 23:03 | Picture


札幌在住のフォトグラファー山下恭子が日々カメラを片手に、アイスホッケー、動物園、美味しい物を中心に。


by Kyoko Yamashita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
Hockey
Baseball
Sports
a-bra:z etc
Travel
Cooking
つれづれ
Work
Sweets
Book
Zoo
Food
Music
Nail
Picture
JRtowerT38
たち
未分類

Profile

山下恭子
(Kyoko Yamashita)
結婚式、アイスホッケー、ライブ、動物、ポートレートなどを撮っている札幌在住のフリーランスフォトグラファーです。

お仕事のご依頼等がありましたら
kykpooh@gmail.comまでお願い致します。
(@は小文字に変えて下さい)


釧路
旅行口コミ情報

外部リンク

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

Twitter

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
カメラ

画像一覧